千葉県流山・野田の新撰組観光地・ゆかりの地 埼玉県三郷市の新撰組観光地・ゆかりの地

丹後の渡し跡(新撰組が流山に行く時使用)|流山市・三郷市の新撰組ゆかりの地観光スポット

更新日:

丹後の渡し跡(三郷市側)

丹後の渡し跡。写真は新選組が渡る前の三郷市側から見た景色。

丹後の渡し跡は、新選組が五兵衛新田(現在の足立区綾瀬)から流山に向かう時に使った渡し場の跡です。
近藤勇や土方歳三も、この渡し場から流山に渡ったと言われています。
現在の埼玉県三郷市から、対岸の流山市へ向けて、江戸川を越える渡し場です。
ここでは、丹後の渡し跡を紹介します。

Sponsored Links

丹後の渡し跡のアクセス・基本情報

丹後の渡し跡のアクセス・基本情報

住所(流山側)

流山市流山7丁目

アクセス(流山側)

流鉄流山線平和台駅から徒歩11分

駐車場(流山側)

ケーズデンキ駐車場など

公式サイト

流山市観光協会「流山の江戸川渡し場」

住所(三郷側)

埼玉県三郷市早稲田3丁目

アクセス(三郷側)

JR武蔵野線三郷駅から徒歩11分

駐車場(三郷側)

早稲田公園駐車場など

丹後の渡し跡の地図

丹後の渡し跡と新選組

五兵衛新田から流山へ

五兵衛新田の金子家

新選組が流山に来る前に滞在した金子家(足立区綾瀬)

慶応4年3月6日甲陽鎮撫隊と名を変えた新選組は敗戦して江戸に戻りました。
3月11日頃、永倉新八と原田左之助が新選組を脱退。
時期ははっきりしませんが、斎藤一は負傷兵などを率いて会津に向かいます。

近藤勇と土方歳三は、「大久保大和」「内藤隼人」と名乗り、慶応4年の3月末まで五兵衛新田(ごへえしんでん・現在の足立区綾瀬)に滞在し、隊士を募集していました。
が、新政府軍が2キロしか離れていない千住宿(せんじゅしゅく)まで迫ります。
衝突を避けるため、流山に移動することになります。
4月1日、五兵衛新田で最後に宴を開き、それまで駐屯した家に礼金を払って、夜に移動を始めます。
脇街道を使って、現在の埼玉県三郷市方面への移動です。

Sponsored Links

江戸川を渡って分宿先へ

丹後の渡し跡(三郷市側)

丹後の渡し跡、三郷市側から。対岸中央の森が流山の赤城神社付近(新選組分宿先近く)

4月1日夜から2日明け方、この「丹後の渡し」を使って、新選組は流山に入りました。
本陣に入りきれなさそうな隊士たちは、丹後の渡し近くの光明院や流山寺へ分宿します。
近藤勇や土方歳三は、それより北の永岡家(通称・長岡屋)に本陣を置きます。

その後の流山での動きは、こちらの記事で詳しく書いています。

丹後の渡しを両岸から見てみる

丹後の渡し(三郷市側)

丹後の渡し跡(三郷市側)

丹後の渡し跡。新選組が渡る前の三郷市側から見た景色。

こちらは、三郷市側から見た丹後の渡しです。
新選組からすると、これから渡ろうとしている時の景色になりますね。

丹後の渡し跡(三郷市側)

丹後の渡し跡標柱(三郷市側)

土手の上に標柱があります。

丹後の渡し跡付近に咲いていた菜の花

丹後の渡し跡付近に咲いていた菜の花

三郷市側は行ったのが3月上旬で、土手に菜の花が咲いていました。

Sponsored Links

丹後の渡し(流山市側)

丹後の渡し跡に行く階段(流山側)

丹後の渡し跡に上る階段(流山側)

流山寺から江戸川の方に歩き、この石段を上ると丹後の渡し跡の標柱があります。

丹後の渡し跡(流山)

丹後の渡し跡(流山側)

流山市側から見た、丹後の渡しです。
新選組からすると、渡ってきて後方を振り返った景色になります。

丹後の渡し跡標柱(流山側)

丹後の渡し跡標柱(流山側)

川を背に振り返ったところに標柱があります。

Sponsored Links

丹後の渡しの歴史

流山橋

丹後の渡し南の流山橋(三郷市側)。この橋が開通して、渡し場は廃止になった

丹後の渡しは公営の渡し場で、3艘の舟で渡していました。
新選組は200名以上いたので、3艘の舟で何度も往復して、時間もかかったのでしょうね。
昭和10年、流山橋がかかるまで使われていました。

丹後の渡し周辺の新選組ゆかりの観光スポット

流山寺

丹後の渡し場からすぐ。
流山で新選組隊士が分宿したと記録に残っているお寺。

光明院

流山寺の近く。
流山で新選組隊士が分宿したと記録に残っているお寺。

長流寺

近藤勇忌が行われているお寺。
分宿先という説も。

Sponsored Links

-千葉県流山・野田の新撰組観光地・ゆかりの地, 埼玉県三郷市の新撰組観光地・ゆかりの地
-,

Copyright© 新選組観光なび|ゆかりの地巡りを東京から日帰りで! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.