北区・板橋区の新撰組ゆかりの地観光スポット

東京都北区・板橋区は、近藤勇が最期の22日間を過ごし、その生涯を終えた場所です。
板橋駅前に、永倉新八が建てた近藤勇・土方歳三の墓(新選組諸隊士供養塔)があり、永倉新八自身も分骨されて同じ敷地に眠っています。
近藤勇墓所と、墓所を管理する寿徳寺以外は、碑や案内板しかない場所も多いですが、新選組を知る上で欠かせない場所となっています。
ここでは、北区・板橋区の新選組ゆかりの地を紹介します。

Sponsored Links

北区・板橋区エリアの新撰組イベント

近藤勇法要・新選組諸隊士供養祭

毎年、近藤勇命日の4月25日か、その直前の日曜に、板橋駅前の「近藤勇・土方歳三墓所」で、寿徳寺が法要を開いています。
近藤勇・土方歳三だけでなく、新選組諸隊士の供養祭でもあります。
2019年は4/21(日)の11~12時です。

日時4月25日または直前の日曜
場所近藤勇と新選組隊士墓所
北区滝野川7丁目8−10
アクセスJR埼京線板橋駅から徒歩1分
公式サイト寿徳寺

滝野川新選組まつり(数年開催なし)

ゴールデンウィークに行われていましたが、ここ数年開催はありませんでした。

Sponsored Links

板橋駅・新板橋駅エリアの新撰組ゆかりの地観光スポット

近藤勇・土方歳三・永倉新八墓所、新選組諸隊士供養塔


明治九年、生き延びた永倉新八が、松本良順とともに建てた供養塔です。
供養塔正面に「近藤勇宜昌 土方歳三義豊 之墓」の記載。
側面には亡くなった新選組隊士の名が刻まれています。
また、その横手に、分骨された永倉新八の墓も建てられています。

近藤勇の処刑後、首は京に送られます。
近藤勇の体は一度、処刑された馬捨て場に埋められますが、回収されることを恐れてその夜、この供養塔がある付近に埋葬されます。

ここに埋葬された後の近藤勇の体の行方は、「龍源寺説」「板橋説」の2つの説があります。
詳しくは龍源寺の記事に書いています。

住所

東京都北区滝野川7丁目8−10

アクセス

JR板橋駅から徒歩3分
都営三田線新板橋駅から徒歩6分

関連サイト

「近藤勇と新選組隊士供養塔」北区飛鳥山博物館

近藤勇最期の地|何もなし


近藤勇最期の地は、平尾一里塚があった場所の南側にあった「馬捨て場」です。
供養塔がある場所を背にして、向かい側の区画に当たります。
今は建物が建ち並び、案内板も碑も何もありません。

住所

東京都北区滝野川7丁目2付近

アクセス

JR板橋駅から徒歩1分
都営三田線新板橋駅から徒歩6分

しゃとう|イサミあんみつ

供養塔の隣にある、昔ながらの喫茶店です。
「イサミあんみつ」があります。

定休日

無休

営業時間

10~22時

住所

東京都北区滝野川7-9-7

アクセス

JR板橋駅から徒歩3分
都営三田線新板橋駅から徒歩6分

関連サイト

「しゃとう」(食べログ)

寿徳寺|案内板、石碑、御朱印あり


板橋駅前の供養塔を境外墓地として管理しているお寺。
近藤勇が処刑された「馬捨て場」も、寿徳寺の土地でした。
そのため毎年4月に供養祭の法要を執り行っています。
門前に、供養塔の土地にあるのと同じ近藤勇の石碑があり、案内板があります。
御朱印あり。

住所

東京都北区滝野川4-22-2

アクセス

都営三田線新板橋駅から徒歩11分
JR板橋駅から徒歩13分

公式サイト

寿徳寺公式サイト

JR板橋駅の駅スタンプ(近藤勇の墓の絵柄)


改札外、西口に出る階段の下に、近藤勇の墓の絵柄の駅スタンプが設置されています。
紙を持っていれば誰でも押せます。

住所

板橋区板橋一丁目15-1

アクセス

JR埼京線板橋駅の改札外(西口に出る階段の下に設置)

公式サイト

JR東日本駅のスタンプ公式(PDF)

都営三田線新板橋駅の駅スタンプ(近藤勇の銅像の絵柄)


改札内、板橋1丁目方面改札(A3出口に向かう改札)の近くに、近藤勇の墓所にある銅像の絵柄の駅スタンプが設置されています。
紙を持っていれば誰でも押せます。

住所

板橋区板橋1-53-17

アクセス

都営三田線新板橋駅の改札内、板橋1丁目方面改札の中に設置

Sponsored Links

板橋区役所前駅・板橋本町駅エリアの新撰組ゆかりの地観光スポット

板橋宿本陣・飯田新左衛門家跡|碑と案内板のみ


「ライフ仲宿店」の隣に碑と案内板だけが残っています。
大久保大和と名乗った近藤勇が、元新選組隊士で御陵衛士の加納鷲雄・清原清に会い、近藤勇と判明、捕縛された場所です。

住所

板橋区仲宿47-10

アクセス

都営三田線板橋区役所前駅から徒歩6分

関連サイト

板橋宿本陣跡(板橋区観光協会)

板橋宿 平尾脇本陣・豊田家屋敷跡|碑と案内板のみ


近藤勇が正体を暴かれた後、処刑近くまで幽閉された家の跡です。
現在は、マンションの前に碑と案内板だけ残っています。
豊田家の孫娘・とみが近藤勇の娘・タマと同じ年で、近藤勇が可愛がった逸話があります。
また、処刑人となった武術指南役の横倉喜三次(よこくらきそうじ)は近藤勇の見張りにつけられましたが、近藤勇の肩の銃創を労わっており、囚われながらも人々との交流が生まれていました。
豊田家の当主は、近藤勇の刑死後、いち早く位牌を作って菩提を弔っています。

住所

板橋区板橋3-15

アクセス

都営三田線板橋区役所前駅から徒歩5分

関連サイト

平尾宿脇本陣跡(板橋区観光協会ぶらり板橋)

新月堂|誠のどら焼き

「誠のどら焼き」がある和菓子屋さん。板橋宿本陣跡の斜め向かい。
近藤勇が死刑になったと知らせる役人の手紙の写真や、ご主人が買った新選組グッズなどが店内左手にミニ展示されています。

定休日

水曜

営業時間

9:30~20:00

住所

板橋区仲宿55-11

アクセス

都営三田線板橋区役所前駅から徒歩6分

公式サイト

新月堂

Sponsored Links

更新日:

Copyright© 新選組観光なび|ゆかりの地巡りを東京から日帰りで! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.